2016-03-25

「巨額の紙幣をヘリコプターでばらまくように」って本気で言っているのでしょうか?

 質的・量的緩和も実効性があがらない。マイナス金利に突っ込んでも春闘は昨年より冷えこんだ。挙句に消費税先送りを決断するポーズと思しき著名経済学者との意見交換でも、アベノミクスの異次元緩和の人気は振るわない。
 いよいよ自ら袋小路に入り込んで出口を見えなくしてしまった感がある。そんなところに日経のコラムニストが書くも書いたりである。
 「金融政策の役割は世の中に出回る貨幣流通量の調節である」。本筋ではないですがね。
 「日銀はデフレ脱却に向けた貨幣量増大のために銀行が持つ国債などを買い、その対価として貨幣を供給している」。まさに今やっていること。
 「だが銀行が貨幣を貸し出しに回さず、日銀に預金していたのでは世の中の貨幣量は増えない。マイナス金利は銀行貸し出しを促進させ、市場金利を低下させて借り入れ需要も喚起する政策だが、一定の時間がかかる。量的緩和政策の限界として国債残高の制約も指摘される」。僕もそう言ってきました。
 「しかし、銀行経由でなくとも、日銀が流通貨幣量を増加させる手段はいくらでもある」。えっ、そんな方法あるの?
 「本来、貨幣は無利子の永久政府債務である。貨幣を増刷して政府に供給すれば、政府は無利子で返済不要の資金を手にする。それを原資に政府が大幅な減税をすれば、経済活性化に劇的な効果がある」。それって禁止されている財政ファイナンス(黒田日銀がやっていることはほぼ同じ)よりまずいことでしょう。
 「これは巨額の紙幣をヘリコプターからばらまけば物価は必ず上昇するという、経済学の有名な反論不可能な思考実験の現実版である」。
 う、うそでしょ。そこまで書くのあなた!もうどうしようもない。ホントに危険な状況ですよ。これは。

2016-03-25 | Posted in 日記No Comments »