2015-11-04

国境の島の今。

 10月は壱岐や対馬、五島の長崎県の離島に行った。対馬は6年ぶりだった。前回は季節が冬に入っていたので、天候も悪く、晴れだったら朝鮮半島が見えるという島北部の展望台からも霞んで何も見えなかった。今回は秋晴れだ。壱岐からのジェットフォイルは対馬市厳原港に着く。対馬には今、韓国からの観光客が多い。釜山からは高速船も出ており、日帰りの日本観光を楽しむ観光客も増えた、と教えてくれたのこの日島内を案内してくれて永留(ながどめ)さんだ。大学の後輩で前職は日本の有名ホテルのホテルマンだった。どうりで応対が丁寧なののです。

 以前対馬では外国人による土地買い占めが話題になったことがある。水源地を求め外国人が山を買い占めているという話だった。しかし彼は、「あれは事実無根です」と憤る。買われた土地は僅かで、しかも純粋に別荘地目的だったという。それがなぜ土地買い占めと大々的に報道されたのか。報道した産經新聞の記者からは当時、しつこくて失礼な取材を受けて大変だったそうだ。そにころ彼は広報が仕事だったので取材に応じる立場にいた。何回説明しても聞いてもらえなかったと振り返る。その後、あの在特会も島に来て怒鳴り声をあげたそうだ。

 今ではそんな熱も冷め平穏な島の日常が戻っている。対馬は韓国の普通の人々にとって手軽に日本の雰囲気と自然を楽しめる場所なのだ。お金持ちは東京、小金持ちは福岡に行くんです、永留さんは話す。なるほど。対馬は山の島なので勾配もきつい国道が南北に走っている。当然森も多い。山と緑が少ない釜山からは自転車持参でサイクリングを楽しむ人たち結構もやってくる。この日もそんなサイクリングを楽しむ観光客と車ですれ違った。

 もちろん対馬から釜山に行く人も多い。静かな国境の街は隣国との友好の島でもあるのだ。それが突然、土地を買い占めさせているという事実無根の誹謗中傷が浴びせられ、国民のナショナリズムを煽る手段に使われる。情報操作とは恐ろしいものだと思う。

 さて対馬からは飛行機で長崎に帰り、翌日は五島に向かった。この日も気持ちの良い秋晴れだった。福江島から上五島に向かう船からは五島列島の島々が美しかった。IMG_1189

2015-11-04 | Posted in 日記No Comments »